FC2ブログ
日本語でやりたいんじゃー

日本語でやりたいんじゃー

洋ゲー(どちらかというとマイナーな奴)の日本語化や訳。カテゴリでの並び順が現在優先的に日本語化やっているタイトルの順になっています。

 

2.Phoenix Point日本語化の手順説明

紹介

まずはお約束ですが、これはあくまで自分用に作ったものなので、ご使用に当たって起きた事等は
当方は一切関知しません。ご自身の責任においてご使用ください。

肝心の内容はといいますと、機械翻訳ベースです。
意訳で端折るのもわたしあんまり好きじゃないので、ある程度原文に忠実です。
セリフやオマージュ等はデフォルメした原文にない変更加えています。
それが私の訳の特徴でもあり癖のあるところなので、お許しを。
あと、わたし独自のオマージュなども入れています。
例えばフリーエイムをリメイクXCOM公式日本語訳と同じ自由照準と訳したり、
リメイクXCOMと共通する言葉は何個か独自にオマージュとして取り入れています。

ゲームの最後まで一通り訳してありますが、
プレイにあまり差し支えない英文はまだ残っています。
(例えば、キーバインドとか、確認メッセなど、
あとバグでローカライズされない箇所もそれなりにあります)
しかしこのゲームの肝のイベントの長文部分は全部訳してあります。
(このゲームをXCOM系と思ってはいけません。私も騙されて翻訳し出したら、
どちらかというとシミュレーションRPGみたいなストーリーてんこ盛りのゲームで、
色々なイベントをどっさり翻訳するハメに。
正直、研究とかスキル訳せば終わりと思ってましたw)

マルチエンディングや分岐にランダムイベ、それにDLCや月1のパッチで新しい追加や変更が加わっていくので
(はっきり言ってEGS版は開発途上版でしたw)
テストプレイでのチェックがまだまだ全然足りていません。
ここら辺は、まだDLC発売が3つも残っているので、それに合わせて
少しずつおかしな訳や気に入らない訳を直していく予定です。


やり方

それでは、まず日本語データのダウンロードです。
こちらから落としてください。
https://ux.getuploader.com/mesa_jp/

1、このほかにツールとしてUnityEX、
お持ちでない方は、このブログのここで説明。
https://quilted.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
右のカテゴリの日本語化必須TOOLからも飛べます。

2、フォントが必要になります。
このブログのここで説明。
https://quilted.blog.fc2.com/blog-entry-107.html
右のカテゴリの日本語化のやり方からも飛べます。


作業説明

落としてきたPPPP.zipを解凍してください。
中に\Temp>\Unity_Assets_Files>\sharedassets0の階層フォルダがあります。

1、で説明したツールを解凍して\Tempフォルダの中に入れてください。

こんな感じ

次に
2、で説明している通りに作業したフォント4つを\sharedassets0フォルダに入れてください。
Font0003.jpg
こんな感じ

重要注意
UnityEX1.9.3.7以降の最新版において仕様が変更されました。
旧版をお使いになるか、1.9.3.7以降を使用する場合は、
sharedassets0フォルダの中にFontsフォルダを作って4つのフォントファイルをそこに入れてください。
よくわからない場合や上手くいかない場合は、旧版のUnityEXをご使用ください。


次にインストールしてあるPhoenix Pointのゲームフォルダに行きまして、その中の
\PhoenixPointWin64_Dataフォルダの中にある
sharedassets0.assets
をコピーしてどこかにバックアップしてください。
そのバックアップしたsharedassets0.assetsを再度コピーして
\Tempフォルダの中に入れてください。

こんな感じになります

これで準備は完了です。
そうしましたら、\Tempフォルダの中に先程入れたUnityEX.exeをダブルクリックして起動してください。


↑のスクショの赤字で読み込みと書いたOpen archiveをクリックします。
そうするとたった今ゲームからコピーしてきたsharedassets0.assetsファイルがリストに表示されるはずです。
(されなかった場合はファイルを入れたフォルダを指定してください。)
これをクリックして選択して、下のほうにある開くボタンをクリックします。

すると緑のバーが伸びてきて右端までいって止まるはずです。
下に色々ファイル名も表示されていますね。

ここで一呼吸置いて今度は、スクショの赤字で書き込みと書かれた
Import filesをクリックします。

また緑のバーが伸びてきたはずです。
これが右端まで行けば完成です。

一呼吸置いて、\Tempフォルダの中の書き換え終えた
sharedassets0.assetsを今度はゲームに戻します。
\PhoenixPointWin64_Dataフォルダの中にコピペして上書きしてください。

お疲れ様でした。これで作業は終了です。

なお、公式パッチが当たるたびにsharedassets0.assetsは書き換えられますので、
基本、その都度、そのパッチに対応している日本語化データで日本語化しないといけません。

あとはゲームを立ち上げてOPTION>INTERFACE>SUBTITLEから
CHINESE-筒体中文を選択すれば日本語になるはずです。


お疲れ様でした。
 
 
Comments

 
<-   04 2021  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

機械仕掛けの翻訳人

Author:機械仕掛けの翻訳人
機械翻訳をベースに校正するスタイルで訳してます。
なので誤訳等は結構あるかと。

翻訳者に代わって開発等に日本語化の交渉などをするシステムを築き上げるのが夢。

ゲーム日本語化の実績は、世に出したのが某マイナーRPGなど2~3本です。
自分で使う用は色々なしがらみがあって公開できないのとか結構たくさんあったり…。

基本1人で英語と闘います。

好きなジャンルはシミュレーションRPGみたいなやつ。
XCOMやX-COM(旧)やDarkest Dungeonなど。

日本語化のやり方
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

Archive RSS